ユーザー行動分析で
心をつかむプロダクトを。

事業成長を加速させるプロダクトアナリティクス

β利用申し込み
Question

ユーザーがプロダクトをどう使っているか
本当に理解できていますか?

プロダクトを継続的に使ってくれるファンや特定の機能を利用している一人ひとりのユーザーが、
実際にどのように使っているのか把握できていないと感じることはないでしょうか?
Wicleを通じてユーザー理解を深めることで、プロダクト改善のヒントを発見できます。

Features

Wicleで出来ること

Easy Setup

タグ1つで圧倒的なユーザー理解につなげる

プロダクトを継続的に使ってくれるファンや、一人ひとりのユーザー行動をタグ1つで可視化。チームのユーザー解像度を飛躍的に高めます。

01

長期のリテンションを定量化し、プロダクトの注力すべき課題を知る

ユーザーがプロダクトを知り、ファンになるまでのライフサイクルをWicleが自動でフェーズに分類します。条件定義や抽出の手間なく、プロダクトの全体像から注力すべき課題がわかります。

  • プロダクトを継続利用しているユーザー(ファン)のボリュームと推移を知る
  • 休眠ユーザーや休眠しそうなユーザーのボリュームと推移を知る
  • プロダクトを利用したことがあるユーザーの全体像を工数をかけずに把握する
02

ユーザー群を深掘り、課題の要因探索が簡単にできる

深掘りしたいユーザー群をクエリなしで抽出し、特徴を把握。群同士の比較を通じて、よく使われている機能や、ユーザー属性、行動の差を把握することができます。

  • 継続利用のユーザー(ファン)と非継続利用のユーザーの特徴やよく使われている機能を把握し、オンボーディングやリテンション改善に活かす
  • 休眠しそうなユーザーの行動特徴を見つけて、休眠防止施策に活かす
03

ユーザーの"リアルな行動"をみて文脈把握や評価ができる

特定のページをじっくり見たユーザーや、特定のボタンをクリックしたユーザーを瞬時に抽出し、イベントログとセッションリプレイ(動画)を用いて、一人ひとりの行動を圧倒的な解像度で再現します。

  • 新しくリリースした機能がユーザーに受け入れられているか確認し、UI/UX改善につなげる
  • LPのリニューアル前後でのユーザー体験の変化を確認し、評価や次の施策につなげる
  • ある機能を削除する前に、どれぐらいのユーザーに使われているか確認し、意思決定する
Notification

変化に気づける

ライフサイクルやユーザーの変化を自動でお知らせ。最近改善したページなど、定点観測したいデータも通知で受け取れます。

Auto tracking

多彩な自動計測

タグ1つで分析のための基本的なユーザー行動の自動計測と、セッションリプレイの設定が完結します。

Privacy protection

強固なプライバシー保護

フォームに入力される個人情報のマスキングを簡単に設定可能。マスキング対象も全部〜任意の領域と柔軟に設定できます。

Main Functions

主な機能

  • ライフサイクル ライフサイクル
  • 機能定着度 機能定着度
  • ユーザー検索 ユーザー検索
  • イベント検索 イベント検索
  • ファネル ファネル
  • n1ジャーニー / セッションリプレイ n1ジャーニー /
    セッションリプレイ
  • 自動イベント計測 自動イベント計測
  • 企業単位分析 for B2B SaaS 企業単位分析
    for B2B SaaS Coming Soon
  • マイクロサーベイ マイクロサーベイ Coming Soon
Support

活用を支援するサポート体制

チャット

チャット

日々の運用で困ったことがあれば気軽にチャットで質問いただけます。

オンラインコンテンツ

オンラインコンテンツ

サポートドキュメントや動画での学習コンテンツをご用意しています。

個別相談

個別相談

定例の実施や活用に関してのレクチャーやコンサルテーションをオンラインで行います。

Why Wicle?

なぜWicleを作ったのか

ユーザー行動データを活用し、ユーザーのニーズを把握したうえで継続的にプロダクトを改善することは、ビジネスを成長させるためには欠かせません。

しかしながら、ユーザーの動向や細かな動きを把握するための分析環境構築には多額のコストがかかり、維持にも継続的な労力が求められます。さらに、集めたデータから課題を発見するには高度なスキルと時間が必要となり、継続的にインサイトを見いだすことが難しくなっています。

Wicleは、この様なユーザーを理解するための活動で発生する様々な課題を解決しユーザーの心を掴むプロダクト作りを支えるソリューションとして開発しています。Wicleを使えば、プロダクトやチームの成長に合わせて段階的に分析環境を構築できます。また、ユーザーエンゲージメントを軸とした体系的な分析機能により、短期的なインサイト獲得だけでなく、中長期的にプロダクトのファンとなるユーザーを増やすための開発活動を行うことができます。

FAQ

よくあるご質問

SaaSやBtoCのWebサービスのようなデジタルプロダクトを分析・改善するためのツールとしてプロダクトアナリティクスという言葉を用いていますが、ECサイトでもご利用いただけます。
Wicleの専用タグを一つ設定するだけで始められます。
はい、GTMでの設置が可能です。
現状はモバイルアプリでは利用できません。ウェブプロダクトのみ提供可能です。
利用いただけます。ただし、タグの設置の際に追加対応が必要です。
100x User Resolution for your team

圧倒的なユーザー理解を
体験しませんか?

さまざまなレベルでの探索を通じて、
ユーザーの心をつかむプロダクト開発を